どうも、ゆずこです。
 
 
あなたが今回この記事を開いてくれたということは、
少なからず情報商材の特典作りに
悩んでいるからではないでしょうか?
 
 
まあ、タイトルからして
そりゃそうだろって感じだとは思うんですが、(笑)
今回はそんな方に役に立つような内容を
紹介していこうと思います。

 
そして、この記事を書いている私も、
同じように特典作りで悩んで、
それを乗り越えて今までやって来ました。

 
そして、意外と特典作りの壁って大きくみえて、
そうでもないのかなと今では思います。
 
 
結論から言ってしまうと、
 
もうとりあえず特典を提示してみる。
 
っていうのが最初のうちは1番良いのかな、
と私はおもってます。
 
なので今回はその理由も含めて、
私がどうやって特典を作れるようになったかについて
いまからお話していこうと思います。

 

特典作りの壁を超えるには

 
 
早速ですが、
特典作りの壁っていざ情報商材アフィリエイトを始めたら、
意外とすぐに現れるものだと思います。
 
 
私の場合で言うと
“0からのサイト作りを含めた意味でのアフィリエイト活動”
を始めて、2週間ほどで
特典作りという壁に直面しました。
 
 
「いや、初めてまだ1〜2週間なのに、
特典なんて無理だよ。つくれるわけないじゃん!(´;ω;`)」
 
最初はそう思いました。
 
 
ただ、現実的に考えると、おそらく無名の私は
特典をつけない限り、自分のサイトから
情報商材は売れていかないかな…とも思ってました。
 
なぜなら周りをみわたせば、同じ商品を
質の高いレビュー記事の中でたくさんの特典と
売り出している強力なアフィリエイターたちがいるからです。
 
なので、特典をつくらないで売るとしたら、
そんなライバルの中で特典を付けずに
サイト上で売る戦略を考えなければいけないので、
それは特典をつくることよりも
はるかに難しいだろうな…と思いました。
 
 
そうなると、自分がより売りやすくする為には、
やっぱり特典を作っていかないと、
私の報酬はいつまで経っても0なんだ…と
気が付きました。
 
 
自分の売りたい商品のレビュー記事は、
特典をつけて初めて完成なんだなと。
 
 
そんなわけで、やるしかないなと思った私が
この特典づくりの壁を超えるために最初にやった事は
 
特典を作る前にとりあえず、
提供する特典を商品紹介記事に表示させる
 
という事です。
 
 
というのも、初心者の頃は
サイト自体まだ知名度は低いし、
商品もそんなにポンポンは売れていかないと思うので、
特典を記事に掲載したあとで、
少しづつ作っていけばいいと思うんです。

 
もし、売れてしまっても、
もうそれはそれでやるしかないので、
何日か購入者さんに待ってもらって、
その間に、必死になってつくるっていうのもアリかなと思います。
 
 
そして、今後情報商材アフィリエイトを仕事として
やっていくのであれば
その位のやる気は必要かもしれません。
 
 
もし特典が思いつかない場合は、
他の人の特典を参考に作っていくのも
大いにアリだとおもいます。
 
そしてこれは、
後発組ならではのことですが、
後半組は後出しができるので、
最初に特典を打ち出してる人たちをリサーチして、
単純にそれより魅力的だと思う特典を
表示させたら、自ずと成約は生まれてくるとおもいます。
 
 
逆にほかのアフィリエイターの特典を
みると自信がなくなる一方なんて場合は、
もう他の存在は気にしないためにも、
一切見ないというのも一つ策かなと思います。
 
単純に自分がその商品についていたら
魅力的だと思う特典をつければいいんです。
 
というのも100%の人がそのアフィリエイターに
魅力を感じるわけではないし、
中には自分のサイトのキャラクターに惹かれて、
商品を購入してくれる人もいます。
 
(なので自分の初めの独自の切り口、
キャラクター設定というのは非常に大切とも言えます。)
 
 
最初の内は、そう簡単に成約も生まれないと思うので、
コツコツ作っていける場合が多いと思うので、
この「特典作り」は、そんなに身構える必要はないのかなって思います。
 
というか、身構えて身動きが取れなくなる前に、
とりあえず特典表示させてみよう!って
くらいスタンスでちょうどいいかなとおもいます。
 
 
私も、特典を記事にいざ載せるまでは
かなりビビってましたが載せてしまえば、
結構やっていけました(*^^*)笑
 
 
もちろん特典作り自体は自分の今後の信用にも関わるので
一生懸命やったほうがいいです。
 
 
ただ、特典という時点で挫折しない為にも、
自分をある意味追い込んで逃げ場をなくすつもりで
特典をとりあえず載せるというのは大切だと思います。

 
そうやって少しづつ成長していくのかなと
思うわけです。
 
 

特典の考え方

 
 
そして次に実際に特典を作るにあたって、
基本的につけていったら、
ある程度需要があるだろうと思う特典の考え方ですが、
 
 
・その教材の弱い部分をカバーするような内容の特典
 
・その教材の実践のサポート、手助けになる内容の特典
 
・その教材での収益をよりあげれるような内容の特典
 
・その教材での作業が効率よくなるような内容の特典
 
 
主にこの4つの考え方で
やっていけば、問題ないかと思います。
 
 
簡単に言えば、自分がその教材を読んで、
こういうのあったらいいだろうなと思える特典
つけていくという事です(*^ω^*)
 
また、
 
「この教材を欲しい人たちは、
どういう特典があればよりこの教材を買いたくなるか」
 
を考えるのも大切です。
 
 
 
もし、それが特に思いつかない…と思うのであれば、
その売りたい教材についてもっと調べたり、読み込んでいくと、
色々アイディアは出てくると思います。
 
 
他にも、特典の資料として、
自分の持っている商材の一部を参考にするのも全然ありです。
 
(あ、ただあくまでも参考程度で、
全く同じではいけないと思います。)
 
 
もしそういった教材も一切ないという場合、
そこは自分の後々の報酬を生むためにも必要な部分だと思うので、
自己投資だと思って、
購入していく姿勢も大切かなと思います。
 
 
私も実際に特典作りをやっていて、
あ、そう言えばあの教材のあの部分、
参考にして作っていけるな、なんてことがよくあります(*^^*)
 
 
 
そんなわけで、特典が作れない…とお悩みの方に向けて、
今回は記事を書かせていただきました。
 
 
特典を後回しにすると、
どんどん取り組みにくくなることもありますし、
そもそも成約も生まれていかないので、
ここは頑張って上記の内容を参考にしながら、
やっていって欲しいです。
 
 
私もそうやって乗り越えてきたし、
最初のうちは荒治療くらいの感覚で頑張っていけば、
いつのまにか成長しているものです。笑
 
 
ここで挫折してしまうのは、
本当にもったいないというか、
ここを乗り越えることさえできれば、
意外と簡単に成約は生まれ出しますので、
今回の記事を参考にしながらやっていって欲しいです(*^^*)
 
一緒に頑張りましょう。
 
 
 

ゆずこへのお問い合わせはこちらからお気軽にどうそ^^

※2日以上返信がこない場合、受信アドレスの入力間違えか、
受信メールボックスの容量が制限オーバーしている可能性が高いです。

その場合お手数ですが、
確認いただき再度送っていただければと思います><
↓↓

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。