どうも、ゆずこです。
 
 
今回は、最近色んな意味で世間を賑わせている
ドナルド・トランプさんに関するお話です。
 
というのも、トランプさんが選挙中に行っていた”あること”が、
アフィリエイターにとって、
かなり大切だと思えるようなものだったので、
今回シェアさせてもらおうと思いましたヽ(*´o`*)ノ
 
 
 
 
トランプさんは選挙戦のとき、
度重なる過激な発言でマスコミから嫌われたり
国民からも多くの批判を浴びていたにも関わらず、
選挙で勝ち、大統領になることができました。
 
 
当時、TV上でもネット上でもよく話題になっていたので、
知っている方も多いかなーと思います(*´v`*)
 
 
そして同時に
 
「なんでトランプ勝っちゃったの!?」
 
って思った方も多いんじゃ無いかなーって思います。笑
 
 
 
ちなみに私もそう思った内の一人で、
 
「トランプ・勝った理由」
 
みたいなキーワードで調べたことがあります。笑
 
 
ただ、実際に調べてみて色々なことがわかったんですが、
調べれば調べるほど
 
「トランプさんすごいじゃん…」
 
って考えに変わっていきました。
 
 
その理由を今からお話していこうと思うんですが、
 
「え!これってアフィリエイターにとってもかなり大切なことじゃない?」
 
と思えるものでしたので、
ぜひこれからアフィリエイトをやっていきたい人は、
読み進めて言って欲しいです。(*^o^*)
 
 
 

ドナルド・トランプさんの行ったブランディング。作った独自の切り口

 
 
トランプさんがマスコミや国民に嫌われる中、
大統領選で当選したのは、決してまぐれとかじゃなくて、
考え抜かれた「戦略」があったこそだと私は思っています。
 
 
その戦略っていうのは
「自分のブランディング確立・独自の切り口で濃いファンを生み出す」
というものです。
 
 
ちなみにブランディングや独自の切り口っていうのは、
その人のキャラクターだったり個性だったりオリジナルだったり…
その人にしかない価値、視点になります。
 
 
そしてトランプさんはこれを作るのが
特に上手かったんじゃないかなって思うんです。
 
そう思った理由を、これからわかりやすいように
一番のライバルだったヒラリーさんと比較しながらお話していきますね。
 
 
 

理由1 キャッチコピーの一貫性

 
 
トランプさんは選挙戦の間、
 
「Make America Great Again(素晴らしいアメリカをもう一度)」
 
というキャッチコピーでアメリカ万歳、アメリカ大好き
というような主張を頻繁にしていました。
 

でも逆にアメリカ以外の国、例えばメキシコに対しては
自国との国境に壁を作るといったり、
シリアなどの難民には
厳しい対応をするといった過激な発言をしていたんです。


で、私は選挙中にこの発言をニュースで知って、
正直、どうなのって思ってました。

だって、シリアの人たちとか一生懸命戦争から逃れてきたのに、
それを受け入れないなんてかわいそうじゃないですか><


でも色々調べていくうちにこれって、
「徹底的な愛国者」というトランプさんが
あえて作った切り口なんだってことが徐々にわかっていったんです。


私がアメリカ国民じゃないからわからないことだったんですが、
増え続ける不法移民に職を奪われたりして、
生活が脅かされるんじゃないかと不安を抱くアメリカ国民って
この時、かなり多かったそうなんです。(現在も多いと思いますが。)


そういった国民の人たちからしたら、
こういう発言をするトランプさんは、
自分たちの生活を守ろうとしてくれているヒーローだったんだと思います。


ただそんな過激な発言のせいで
結果的にトランプさんは沢山の批判を浴びちゃったわけですが、
あえて万人に好かれることを避けて一部のコアなファンを生んで行きました。


実際にこうした発言の影響で一部の国民の深い共感を生み、
熱狂的なファンまでもが生まれてくるようになったそうなんです。
 
対して、一番のライバルであるヒラリーさんは、
選挙中、
 
「Stronger Together(一緒の方が強い)」
 
「Hillary for President(大統領の為のヒラリー)」
 
といくつかのキャッチフレーズを使っていて、
 
コピーが1つに定まっておらず、ぶれていたそうです。
 
 
しかもヒラリーさんのキャッチコピーからは、
あまり国民へのベネフィットが感じられないけれど、
トランプさんのキャッチコピーは国民にとって、
素晴らしい国にしよう!というベネフィットを感じ取ることができます。
 
 
そしてトランプさんは選挙期間中ぶれることはなく、
最後までこのキャッチコピー1つでした。
 
 
で、これってアフィリエイトをやっていく上でも
参考になる部分があると思うんです。
 
 
例えば、
 
「私はSEO対策は特に意識的にやる必要はないと思う!」
 
って主張をメインにサイトを運営していれば、
 
「あ、私もそう思う!」
 
「え、そのやり方っていいじゃん」
 
って共感してくれる人を自分のファンにつけることができるはずですヽ(*´v`*)ノ
 
 
で、その主張を徹底して、
 
「外的SEO対策をやっている人はあほたれだ。」
 
「被リンクなんてやってる人は意味がわからない。」
 
なんて過激な主張をしたとしても、
多くの反感を買ったとしても一部の共感する層には、
深く訴求していくことができると思うんです。
 
 
そうなると、自分のサイトには
この人の主張が好きだ、この人のキャラが好きだと思うような
コアなファンのみが集まってきますよね。
 
そして共感が深ければ深いほど自分のことを信頼してくれるので、
商品も買ってもらいやすくなると思います。
 
 
これってアフィリエイトをやっていく上で
とっても大切な事だと思います。
 
 
だってなかなか商品を買ってくれない薄いファンばかりが
自分のサイトに集まってもなかなか自分の利益は生まれませんから><
 
 
なのでアフィリエイターもトランプさんと同じように
成約に直結するコアなファンをどれだけ集めれるかが重要だと思います。
 
 
 
 

理由2:自分のターゲットは誰なのか?を明確にする

 
 
ヒラリーさんの選挙演説が
難しいロジカルな主張ばかりだったのに対して、
トランプさんの主張は、なるだけ難しい表現を避けた
誰にでもわかりやすい非常にシンプルなものだったそうです。
 
 
これもトランプさんの独自の切り口戦略の1つで、
アメリカの郊外に住む庶民層はシンプルでわかりやすい
メッセージを伝えてくれる人を好む傾向にあったからです。
 
(…ってニュースに書いてありました(*゚▽゚)ノてへぺろ←)
 
 
そういった庶民層には、ヒラリーさんの難しい説明よりも、
トランプ氏のアメリカ万歳といったわかりやすい切り口の方が
親しみやすく共感できるだろうと思った上での演説だったという事です。
 
 
ここでも、トランプさんがいかに
自分のターゲットを絞って選挙活動をやっていたのかがわかります><
 
「自分のターゲットに訴求できればいい。
 
他は自分のターゲットじゃないだけ。」
 
 
そういう戦略だったんだと思います。
 
 
実際にトランプさんは
アメリカ郊外から多く投票を得ていて、
勝因の大きな要素とも言われているので
その戦略は成功したわけです。
 
 
なのでそれまでの私はトランプさんを
ただ変なことを言う人、くらいにしか思っていませんでしたが
 
「ここまでの戦略があったのか。」
 
と思うと一気にトランプさんすごい!というような感動に変わりました。笑
 
 単純ゆずこ。(笑)
 

理由3:主張の一貫性の有無

 
 
ヒラリーさんはTPP(なんか難しい経済の戦略←)について
最初は推進派だったにも関わらず、
トランプさんがTPP反対と主張して支持を受けた途端、
TPP反対との主張に変えちゃいました。
 
これって例えば私が、
 
「コピーライティングは大切だよ」
 
って言った後、
 
「コピーライティング学ぶなんて反対!」
 
って言ってるようなものなので、
コピーライティング大切って言う意見に共感してくれていたユーザーは
私の主張に戸惑ってしまうと思います。><
 
そして
 

「え?どっちだよ?この人ってテキトーなの?」

 
って思われるような要因になると思うんですよね><
 
 
 
結局ヒラリーさんは
この主張の一貫性が無さで一部のファンを失ったそうです。
 
 
そしてヒラリーさんは影響力が絶大な有名人たち
(アメリカ大人気歌手ケイティペリーや大女優アンハサウェイ等)に
応援してもらったにも関わらず、
批判する人が多いトランプさんに負けました。
 
 
よってトランプさんの行ったことや言動は
全て自分のターゲットの為に戦略的に行ったブランディングであり、
戦略自体がヒラリーさんよりもトランプさんの方が一枚も二枚も
うわてだったと言えるんじゃ無いかと思ったわけです。
 
 
だからこそトランプさんはまぐれとかでなくて
この戦略によって必然的に勝てたんじゃ無いかと思います。
 
 
もちろん他にも勝った要因はあると思いますが、
このトランプさんが行った戦略は
確実に勝因の1つだと言えると私は思いました。
 
 
そしてこの戦略ってやっぱりアフィリエイトの世界でも
すごく大切な戦略だと思います。
 
 
アフィリエイターとして数多くのライバルから勝ち抜いていく為には、
この”誰をターゲットにするのか。”と”自分のキャラ・主張の一貫性”は
必要不可欠です。
 
 
わかりやすく例えると、
 
高校生をターゲットにするのか、
 
60歳以上の人をターゲットにするのか、
 
でも書く内容は変わってくると思います。
 
(アフィリエイターの場合、
まず高校生とかはターゲットじゃ無いとは思いますが…><笑)
 
 
そこがきちんと定まっていなければ、
自分のターゲットに共感してもらえるような文章は
書きようがありませんよね><
 
自分の文章に共感してもらえなければ、
自分のサイトから商品を買おうとは思ってもらえないと思います。
 
 
結局、自分が”誰をターゲットにするのか。”と”キャラ・主張の一貫性”は
ダイレクトに成約の有無に関わってくるということです。
 
1年後、報酬が生まれず諦めているか、
それともPC1台のみの作業で報酬が増え続けて喜んでいるか、の
明暗を握っている要素だと言っても過言じゃ無いと思います。
 
 
なので今回私は、
このアメリカの選挙戦を通すことによって
改めてアフィリエイターの独自の切り口・ブランディングの大切さを
知ることができましたヽ(*´v`*)ノ
 
 
ちなみにもしトランプさんがアフィリエイターだったとしても、
かなり成功していたんじゃ…って思います(*u_u)笑
(むしろそんなの朝飯前なのかな笑)
 
 
 
今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。
 
他にもアフィリエイトについて、
色々なお役立ち記事を書いていますので、
興味のある方は読んでみてくださいねヽ(*´v`*)ノ
 
 
 
 
 
追記:
 
今回お話した
「ブランディング・独自の切り口の重要性や実践方法」に関して、
より詳しく説明したものをゆずこの教材購入特典として配布しています。
(PDF50ページにわたるレポートと音声解説になっています)
 
 
 
 
 
この教材たちにはこの特典をつけていますので、
私のサイトからいずれかの教材を購入いただいた場合、
もれなく提供させてもらっています。
 
アフィリエイト活動で勝ち抜いていく為に非常に大切な戦略について、
これでもかってくらい詳しく説明していますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね(*´v`*)
 
 
 
それでは、ゆずこでした。
 
 

ゆずこへのお問い合わせはこちらからお気軽にどうそ^^

※2日以上返信がこない場合、受信アドレスの入力間違えか、
受信メールボックスの容量が制限オーバーしている可能性が高いです。

その場合お手数ですが、
確認いただき再度送っていただければと思います><
↓↓

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。